新着情報

◆2016/10/04
コンドームとピルの違いを知ることで完璧な避妊に近づけるの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルで副作用が重い時はどうする?の情報を更新しました。
◆2016/10/04
高い避妊率が魅力の低用量ピルの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルの服用に対する意識付けの情報を更新しました。
◆2016/10/04
低用量は避妊・中用量は緊急避妊の情報を更新しました。

コンドームとピルの違いを知ることで完璧な避妊に近づける

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

コンドームは男性が主体となる避妊具であり、ピルは女性主体で避妊できる薬となっているんですが、避妊のために使われるものではありますが、効果が全然違います。

まず、コンドームは男性が性器にかぶせるようにし、性病を予防したり精液が女性の体内に入っていかないようにするという効果があります。

そしてピルは、女性が毎日服用する事になります。
毎日服用すると、女性の体内が変化し、排卵がストップする事になります。
コンドームで避妊に失敗しても、ピルを飲んでいれば安心という事になるので、男性側はコンドームはしなくていいと考えるかもしれませんが、ピルで性病予防はできませんので、コンドームとピルは併用するのがオススメです。

完璧な避妊で心配要らず

今妊娠してしまったら困る・・といいながら、性行為を楽しむカップルも多いと思います。
性行為をして愛情確認をするのは悪いことではありません。
むしろ、いいことだと思うのですが、今はまだ子供はいらないと思うのなら、避妊するという意識を高めていただきたいのです。

男性に対して避妊などを任せるのはよくないようです

中出ししなければ大丈夫だと思っている男性も多いようですし、男性に任せっぱなしの女性も多いと思います。
男性がコンドームをするのを嫌がるというケースもありますので、子供を産んで育てるという事をイメージできない方は、ピルを飲んでしっかりと避妊して下さい。
通販でも購入できますが、初回は婦人科を受診しましょう。

ピルとコンドームで高確率の避妊をしよう!

ピルという名前を耳にした事がある方は多いはずです。
もう既に飲み始めている方も多いはずなんですが、避妊するために服用する薬なんですが、男性からしてみると、コンドームナシで性行為を楽しめるという魅力的な薬となっていますので、妊娠するかもしれないと不安になってしまう方は、婦人科を受診してピルを処方してもらいましょう。

ピルを処方してもらう場合は、婦人科で血圧や病歴の確認などを行う必要があります。
誰でも飲める薬ではありませんので、問診には正直に答えましょう。
ピルをもらうことができない場合は、他の避妊方法をオススメされる事もあるのですが、たばこを吸う方や糖尿病などの病気がある方はピル以外の方法で避妊していただく事になりますので、理解していただきたいと思います。

妊娠の予定がないなら絶対避妊する

高い確率で避妊するには性病予防にも適した避妊薬をご利用下さい

ピルを飲めば排卵がストップしますから、ほぼ100%妊娠しないといわれています。

妊娠する可能性が低いという事は、コンドームなんてしなくても大丈夫だと解釈する方もいますが、恋人が浮気をしたりしている場合は性病を移されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

知らぬ間に・・という可能性もありますから、油断してはいけません。

性病に感染してしまい、不妊になってしまうというようなケースもありますので、性病予防をし、通販でも購入できる避妊ピル薬で確実な避妊を実行しましょう。

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

▲PAGE TOP