新着情報

◆2016/10/04
コンドームとピルの違いを知ることで完璧な避妊に近づけるの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルで副作用が重い時はどうする?の情報を更新しました。
◆2016/10/04
高い避妊率が魅力の低用量ピルの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルの服用に対する意識付けの情報を更新しました。
◆2016/10/04
低用量は避妊・中用量は緊急避妊の情報を更新しました。

ピルでがん予防が可能!?

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

ピルは避妊や生理不順の改善など、幅広く使用する事ができる薬ですが、子宮体がんや卵巣がんを予防するという効果もあるので、素晴らしいお薬です。

エストロゲンが子宮内膜を刺激する事が原因となり、子宮体がんになってしまうということらしいんですが、ピルを飲めばエストロゲンの刺激を抑える事ができ、ホルモンの状態も正常になりますから子宮体がんを予防する事ができるのです。
閉経後の女性に発症するようなんですが、若いから安心というわけでもないようですから、不正出血や腹痛などの症状に注意しましょう。

ピルを飲めば排卵を抑制しますから子宮内膜症を予防する事ができ、ホルモンの分泌を抑えます。
そうすると卵巣への刺激は減るのでがんを予防するという事が可能となるのです。

ピルの効果に驚く方が多数

婦人科系の疾患にならないように有意義な生活を送ることが大事

避妊目的で使うものだと思っているかたがほとんどだと思います。
毎日飲まないといけないので、身体に害がありそうだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ピルは女性特有の病気を予防するという効果がありますし、正しく服用していただければ問題ありません。

避妊目的でピルを飲むなら、肝臓に負担がかかってしまう事もありますから定期検査を受ける必要があります。
通販でピルを購入して継続する方もいますが、自己管理をしっかりとするようにして下さい。

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

▲PAGE TOP