新着情報

◆2016/10/04
コンドームとピルの違いを知ることで完璧な避妊に近づけるの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルで副作用が重い時はどうする?の情報を更新しました。
◆2016/10/04
高い避妊率が魅力の低用量ピルの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルの服用に対する意識付けの情報を更新しました。
◆2016/10/04
低用量は避妊・中用量は緊急避妊の情報を更新しました。

ピルの服用に対する意識付け

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

ピルは毎日飲めば避妊効果があるのですが、飲み忘れたりすると効果が落ちるとも言われていますので、結構気合を入れて飲み始める方も多いんじゃないでしょうか?

1日飲み忘れるだけで効果が低下するという感じだと、絶対に飲み忘れてはいけないと意識を強化する事ができると思います。
しかし、飲み慣れてくると、忘れてはいけないという意識が薄れ始め、同じ時間に飲まなくてはならないのに、何かに夢中になって飲み忘れてしまうというようなケースもあります。

ピルの飲み忘れが無いようにきちんとアラームをセットしておきましょう

念のため、アラームをセットする方もいらっしゃるんですが、たまたま会議中だったとか手を話せなかったというような場合もありますから、外出先に持ち歩かなくてもいい時間を選んでみると飲み忘れを防げます。

ピルは避妊率の高さが魅力

コンドームでは100%の避妊をする事ができず、破れてしまったり抜け落ちてしまったりするというような例もありますから、コンドームもピルも使ってしっかりと避妊するといいでしょう。

今はまだ結婚や出産を考えることができないという方は、性行為をしなければいいだけの話しですが、恋人ができるとそういうわけにもいかなくなりますので、性病予防と避妊をしっかりと行うようにして下さい。

いつもヒヤヒヤしているという方もいらっしゃるようですが、女性主体で避妊できるピルを飲めば、安心する事ができますので、通販も利用してみるといいでしょう。

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

▲PAGE TOP