新着情報

◆2016/10/04
コンドームとピルの違いを知ることで完璧な避妊に近づけるの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルで副作用が重い時はどうする?の情報を更新しました。
◆2016/10/04
高い避妊率が魅力の低用量ピルの情報を更新しました。
◆2016/10/04
ピルの服用に対する意識付けの情報を更新しました。
◆2016/10/04
低用量は避妊・中用量は緊急避妊の情報を更新しました。

高い避妊率が魅力の低用量ピル

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

ピルの副作用は全ての人に起きるわけではありません。
低用量のピルは副作用が少ないので、あまり心配せず服用していただけると思うんですが、薬が合わないことがあるという場合は心配ごとも多くなってしまうかもしれませんので、一度婦人科に相談してみるといいでしょう。

副作用を心配してピルの服用を躊躇う方もいらっしゃいますが、低用量ピルは副作用が少ないので心配しなくても大丈夫です。
薬が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、ピルを飲めば望まない妊娠をする事がありません。
110%できないというわけではないのですが、高確率で避妊する事ができるので、まだまだ遊びたいという方もピル服用を考えてみましょう。

ドラッグストアで売っていないのが難点

経口避妊薬などのピルはドラッグストアなどで普通に購入することは不可能です

ピルを飲んでみようと考える方は多いんですが、ドラッグストアで通常販売はしていませんので、病院で処方箋をもらわないといけないというのが面倒です。
風邪薬と同じように購入する事ができれば、すぐにでも始める事ができるハズなんですが、ピル服用にはリスクがありますので、カンタンに購入する事はできないという事になるのです。

海外から個人輸入する事もできますから、医師にピルの服用を認めてもらったうえで、通販を利用してみるといいでしょう。
個人輸入は違法ではないかと心配する方もいますが、合法ですので安心して下さい。

Buzz This
Bookmark this on Digg
Share on StumbleUpon
Pocket

▲PAGE TOP